管理画面でGoogle Analyticsが見れるplugin

管理画面でGoogle Analyticsが見れるplugin

無料かつ高機能のアクセス解析ツール Google Analyticsは、きれいなビジュアルで眺めてるのが楽しいもんです(高機能すぎてなかなか使いこなせません)。

そのGoogle AnalyticsのデータをWordpressの管理画面で見れるplugin(プラグイン)を見つけたので早速入れてみました。試してませんが、Feedburnerのデータもみれるらしいです。
Google Analytics and Feedburner Reports plugin for WordPress : tan tan noodles - msg free since 2005

使用例

下の画像のように、管理画面の[Reports]から

  • Daily Visits(1週間の日別訪問数)
  • Daily Pageviews(1週間の日別PV)
  • Avg Pageviews per Visit(1週間の日別平均PV数/訪問数)
  • Inbound Sources(上位5位のリファラ)
  • Outbound Links(どのサイトへ行ったか)
  • Popular Content(上位5位のページ)
  • Entry Pages(上位5位の訪問者が初めに見たページ)
  • New & Returning(新規・再訪問の率)

が見れます。

表示できる項目はちょっと少なめかな。
あと、Google AnalyticsのScriptsコード(トラッキングコード)をフッターに自動的に貼り付けてくれる機能もあります。テーマをよく変える人なんかには便利。

pluginの入れ方

このプラグインの導入でとまどったのは、Google Analyticsの言語設定を[US English]にしないといけないって事です。Google Analyticsにログインして、右上のナビのアカウントをクリックすれば[アカウントの編集]のページで言語を変更できます。

次はまぁ、だいたいいつも通り。
ダウンロード→解凍→フォルダごとFTPでアップロード→プラグインをActivate

すると管理画面のナビゲーションに[Reports]が出来ているのでそれをクリック、さらに[Setup]をクリック。
下の方のGoogle Analyticsの所にメアドとパスワードを入力して、[Continue]をクリック。ちなみにパスワードは1回入力すれば覚えててくれます。
次は[Site Profile]のドロップダウンから解析結果を表示したいサイトを選びます。そして[Save google analytics setting]をクリックすれば、もう[Reports]にグラフが表示されてるはずです。

[Show Reports]はチェックしたラジオボタンの項目が、[Reports]で表示されます。

[Tracking Code]のラジオボタンについては、それぞれ

  • [Install the Google Analytics tracking code for me]は自動的にGoogle AnalyticsのScriptsコード(トラッキングコード)を貼り付けてくれる項目。
    これもちょっととまどったんですが、トラッキングコードを貼り付ける場所(例えばfooter.php)には、<?php wp_footer(); ?>と記入しなければなりません。
  • [Track outbound links]は、レポートのグラフで表示される、どの他のサイトへ行ったか(Outbound Links)を記録する項目。
    このpiugin独自のScriptsを使ってるみたい。
  • [Don’t track administrator users]は、administrator users(自分自身)のトラックを記録しないようになる項目。
    これもこのplugin独自にcookieで判断しているようです。


このpluginのFeedbunerの設定の仕方はこちらFeedburnerに登録してみた ≪ どうにもならない劣情の種子を植え付けられたばかりに