Feedburnerに登録してみた

Feedburnerに登録してみた

好きなサイトやブログを再訪問した時に記事が更新されていないと、すごく無駄な事したなーって感じてしまいます。その無駄を無くす解決方法はFeed(フィード)リーダーとかRSS(アールエスエス)リーダーとか言われる、ブログやサイトの更新情報や未読記事をまとめて管理できる便利なツールを使用する事です。

Feed/RSSリーダー

Feedリーダーには色々な種類があって、ソフトとしてデスクトップで動くものとか、ブラウザに標準で付属されてるものとか、webアプリになってるものとかがあります。今はネットに繋がっている環境ならいつでも閲覧できるwebアプリ型が主流のようで、日本語環境で有名なのは livedoor ReaderはてなRSSとかで、海外のものだと BloglinesGoogle Reader(そのうち日本語対応になるはず)、SNSの機能も備えた Rojoなんかもあります。

たいがいのwebサイトはRSSかatomっていうxml形式のファイルを配信していて、feedリーダはその情報を読み取って更新情報を管理します。気になるサイトがたくさんある人はfeedリーダにそのサイトのRSSかatomを登録して管理すれば、時間の節約にもなるし、便利ですので、一度試してみるといいかと思います。

Feedburnerに登録してみた

前回の記事 管理画面でGoogle Analyticsが見れるpluginで導入したplugin( Google Analytics and Feedburner Reports plugin)は、管理画面でGoogle Analyticsの他にもFeedburnerのsubscribers(Feedの購読者数)も表示してくれるって事なので、Feedburnerに登録してみました。

FeedBurnerには日本語版もあるんですが、もしかしたらpluginが不具合を起こすかもしれないと思って英語版の方に登録しました。FeedburnerはFeedの購買者数や読まれた記事を解析出来たり、FeedにFlickrやdeliciousの情報を簡単に追加できたりと、他にも色々機能があります。

管理画面のpluginに反映させる時には、まずFeedburnerの設定で[publicize]から[Awareness API]をActiveにします。次に管理画面の[Reports]→[Setup]から[Feedburner]の項目に登録したFeedのURIを書きこむだけです。

あと、Wordpress標準出力のFeedからFeedburnerのFeedに、.htaccessを書き換えてリダイレクトするpluginがあったので、それも導入しました。
FeedBurner Plugin v2.2 // Ordered List by Steve Smith
これで、今までのFeedを購読してくれてた人にも自動的に、FeedburnerのFeedが届けられるはずです。でも、もしかしたらうまくリダイレクトしないかもしれないので、新しいFeedを登録して頂けるとありがたいです。

参照・参考

RSSリーダについて
RSSリーダー - Wikipedia

Feedburnurの解説
Feedburner Infomation

photo by Techslut