アニメ『千年女優』を見た感想 1

アニメ『千年女優』を見た感想 1

現在上映中の『パプリカ』とゆう筒井康隆原作でヴェネチア映画祭に出品されたアニメと同じ、今敏監督・マッドハウス製作の2002年のアニメ映画『千年女優』を見た。

伝説の名女優である藤原千代子とインタビューアーの二人が、現実・思い出・劇中劇の三つの世界の区切りを曖昧にして相互に移動する、アニメでしか表現出来ない複雑に虚実を混ぜ合わせた設定が印象的で、劇中劇で使用される日本映画のパロディや、低予算の中の作画レベルの高さなど、日本の娯楽アニメの水準の高度さを体験出来る作品。

簡単な感想にしようと思ったけど、書き出したら止まらなくなったので、何回かに分けて

  • 複雑で完成度の高い設定・シナリオについて
  • その高度な設定は、アニメでしか成し得ない事について
  • 日本映画などのパロディやモデルとなった実際の女優について

を書く予定。とりあえず今回は複雑高度な設定について。

GUBAに動画があったので、貼り付けておきます。

複雑な設定。三つの世界の移動、段階的な曖昧度。

まずは、現実・思い出・劇中劇の三つの世界を曖昧にして相互に移動する複雑な設定について、冒頭からのストーリーを追いながら、特に物語前半の段階的に曖昧さを上げる部分を取り出してみる。

複雑な設定の導入

別荘で隠居生活を送っているかつての伝説の名女優である藤原千代子が、30年ぶりにカメラの前に姿を現して、インタビュー取材を受けるところから、実質的に物語りはスタートする。インタビューするのは、弱小映像会社の社長である立花源也とアシスタントのカメラマンの二人。

滅多に人前に姿を現さない老人となった藤原千代子が、30年ぶりにインタビューを承諾した条件となったのは、立花社長が持っていた古びた鍵を受け取る事で、インタビューはまず千代子の生い立ちからはじまり、次に場面は1940年前後の、この鍵にまつわる千代子が女学生の頃の思い出の世界に変わる。

現実の世界から思い出の世界へ

設定のおもしろさが判ってくるのはここからで、少女時代の千代子がいる思い出の世界に、現実の世界で老人千代子をインタビューしていたはずの、社長とカメラマンの二人が入り込んでいて、少女千代子に対してカメラを回している。つまり、インタビューアーの二人は現実の世界から、思い出の世界へと移動した事になる。

思い出の世界の少女千代子は、古びた鍵の持ち主で政治犯である画家と出会う。憲兵に追われている画家は、少女千代子に別れも告げず、ただ鍵を残して行方をくらますが、知人から画家が駅へ向かったと知らされた千代子は、画家を追って駅まで懸命に走る。

インタビューアーの社長とカメラマンも千代子を追って、社長は千代子の落とした帽子を拾いながら、カメラマンはカメラを回しながら懸命にはしる。

思い出の世界から劇中劇の世界へ。区切りの曖昧さ。

駅に辿り着いた千代子は、画家が列車に乗ったのを見つけるが、まるで、よくある映画のワンシーンのように、既に列車は動き出していて、千代子は列車に追いつこうと必死にホームを駅の端まで走るが、追いつけない。列車の行き先を見つめる千代子。鳴り響く汽笛。降り積もる雪。

このあまりにベタな駅のシークエンスには続きがあって、千代子を追っていた社長とカメラマンの会話が挿入される。

社長のセリフ(感動して涙を流しながら)「俺はこのシーンを劇場で五十三回泣いたんだ。」
カメラマンのセリフ「えっ、いつから映画の話なん!」

この二人の会話ではじめて視聴者に世界の移動が明示される。いつのまにか、千代子主演の映画の話になっていた、つまり、思い出の世界から、劇中劇の世界(千年女優とゆうアニメの中の千代子主演映画の世界)への移動が起こっていたわけで、ここでは思い出の世界から劇中劇の世界への移動の区切りが曖昧にされ、あまりにベタな駅のシーンが世界移動した事の暗示となっている。

劇中劇から現実へ。世界移動自体、世界自体の曖昧さ。

さらに直後のシークエンスでは、現実の世界に切り替わって、別荘での老人千代子とインタビューする二人に戻っているのだが、この時、社長は、思い出の世界で拾った少女千代子が落とした帽子を、手に持っている。社長と帽子の思い出の世界から現実の世界への移動が起こっている。

ちなみにカメラマンは、社長が帽子を持っている事に気づいて、少し驚いた様な表情をしている。カメラマンは、駅でのセリフや、この場面のように、視聴者に難解な世界移動の設定を指し示す役割を持っている。

さらに、続けて挿入される以下の老人千代子とインタビューアーの会話が、世界の移動自体を曖昧にする。

老千代子「それから映画の世界に入ったの」
社長「そうですか、それで映画界に」
カメラマン「えっ?」

ここで、カメラマンが驚いた理由は、千代子が映画界に入った動機が、主演映画であるという、動機と結果の矛盾に気づいたからだ。さっきまで、劇中劇の世界にいたのに、視聴者が見る事の出来ない現実の世界で、つまり劇中劇の世界と同じ時間軸を持つ現実の世界で千代子が主演映画の話をしていたはずなのに、それが映画界に入る動機だったと言う。

では、さきほどの劇中劇の世界はなんだったのか?世界移動自体が曖昧になっている。そして次のセリフ。

老千代子「さっき専務さんも言ってたでしょう。」

老千代子の思い出として、千代子の口から語られたはずの専務の言葉が、まるで第三者が語った言葉であるかのように、老千代子が認識しているセリフ。この時、老千代子は視聴者と同じ立場に立っていることになる。それによってアニメ『千年女優』の世界自体が曖昧になっている。

複雑な設定まとめ

ざっと冒頭からのストーリーを追ってきたが、ここまででアニメが始まってから約20分。実質的なはじまりと述べた所からは、約10分の間に展開される、ものすごい密度。カメラマンに視聴者の気付きをうながす役割をあてがい、段階的に虚構のレベルを深めていき、その後の、さらに世界が曖昧にされながらも頻繁に移動する物語展開へ、視聴者を没入させるための慣らし・土台となっている。

例えば、物語の後半のあるシーンでは、いっさい説明もなく唐突に、登場人物達が月面上にいたりするが、そのような展開も、視聴者の許容範囲内にあるように、設定がつくられている。

もし、シナリオだけを取り出せれば

もし単純に、純粋に、アニメや映画のシナリオだけを取り出せれば、 このレビューにも書かれてある通り、『千年女優』は『第三の男』や『市民ケーン』に匹敵しているかもしれないが、そもそも完成した映画やアニメから、脚本だけを取り出すことは出来ないし、映画とアニメを同列に評価も出来ない。

それでもあえて言うなら、作品から受ける感覚的には、虚実を混ぜたメタ映画、フェデリコ・フェリーニの『8 1/2』に類似性があるように思う。

アニメーションでしか、成し得ないこと

こうやって追ってきたように、この設定の導入は緻密で、その後の物語で、さらに世界移動を頻繁に展開するために欠かせないが、シナリオよりもっと重要な世界移動を可能にする要素は、アニメーションの作画、絵的な記号としての「キャラ」。

それは完成した映画やアニメから、脚本だけを取り出すことは出来ないし、映画とアニメを同列に評価も出来な事に関連してくる。これについては、次回に書きます。