だいぶ近未来チックなマルチタッチスクリーン

だいぶ近未来チックなマルチタッチスクリーン

iPhoneでも使われている、同時に複数箇所のスクリーンタッチを検知するMulti touch技術の開発者で、ニューヨーク大学の研究者 Jeff Han(ジェフ・ハン)が作った会社『Perceptive Pixel』のデモビデオ。大画面に表示されるGoogle Earthを両手でスクリーンタッチしながら、動かしているのが印象的。

ビデオの中で、以下の記事でも紹介した、BumpTopって呼ばれてるGUI(グラフィックユーザーインターフェース)と同じか、それらしきものを使ってるのも気になった。
3Dのデスクトップ ≪ どうにもならない劣情の種子を植え付けられたばかりに

開発者のJeff Hanの 公式サイトを見てみると、なんか色々おもしろそうな事をやっていて、Media Mirrorって言う、鏡像をモザイクで出力するものの動画があったので、以下に貼り付けておく。

iPhoneのためにAppleはJeff Hanを雇おうとしたが成功しなかった、って噂があったようだ。Jeff Han自身は「iPhoneまじすげーよ。てか、いつも、このテク売るとしたらアップルしかないって言ってたじゃん。まぁ、もっとサイズでかかったら、両手で使えるんだけどー」みたいな事を言ってる様子 ((参考元 TED Blog: The new Apple iphone and Jeff Han)) 。

ちなみに一番はじめの動画は Brightcoveってサイトのを使ったけど、画質が良くて、Flash Playerの操作性も良いくて、画面遷移せずにコードをクリップボードにコピー出来る。ビデオ製作者は広告収入の50%、有料ダウンロードされた場合は料金の70%を手にする事が出来、AOLとも提携している。

参照・参考・脚注

タッチスクリーンで映画『マイノリティリポート』は現実になる : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン)

マルチタッチスクリーンについて
The Multi touch screen | Documenting Jeff Han and Frustrated Total Internal Reflection

Brightcoveについて
TechCrunch Japanese アーカイブ ≫ Brightcove、小規模ビデオパブリッシャーのためのネットワークをスタート

photo by Kmarnicus