AllPeersがオープンソフト化

AllPeersがオープンソフト化

ドラッグアンドドロップでファイルをシェア出来る、Firefoxの拡張AllPeersがオープンソフト化された。
Peer Pressure ≫ AllPeers Goes Open Source
TechCrunch Japanese アーカイブ ≫ AllPeersがオープンソース化へ

AllPeersはBitorentを使ったPeer to Peerのファイル共有をブラウザで可能にするので、結構注目されてた拡張機能。噂では有料になるって話だったけど、それが一転してオープンソースになった。Mozilla Public License (MPL)、GNU General Public License (GPL)、GNU Lesser General Public License (LGPL)の三つのライセンスの元でソースが公開されている。どうも、評判が良かったのは始めだけで、伸び悩んでいたみたい。

一回だけ友達とファイルをやり取りする時に使ってみた感想。AllPeersは、ドラッグアンドシェアなんて言い方をして売りにしてるドラッグアンドドロップの操作が、いまいちわかりにくかったってのと、チャット機能が付属してるのが良かった。どのファイルを共有するかアカウント事に決めれて、アカウントはそれぞれFriendsとFamilyにグループに分けれる。グループを追加出来るとさらに使い易いかな、と思う。