シャキール・オニールのダンスと大統領選挙用チャンネルにみる、Youtubeの公共性と日本のじめじめ感

シャキール・オニールのダンスと大統領選挙用チャンネルにみる、Youtubeの公共性と日本のじめじめ感

YouTubeと提携を結ぶ企業団体がかなり増えてきていて、それぞれがyoutubeの専用チャンネルでいくつかの動画を公開している。例えば BBC (イギリス公共放送) とかバスケットの NBA、サッカーチームの Chelsea FCなどのチャンネルがある。
また、企業以外にも You Choose ‘08と名付けられた、アメリカ大統領候補用の選挙チャンネルがあったりもする。

NBAチャンネルで見つけた、2007オールスターでのシャキール・オニール、レブロン・ジェームス、ドワイト・ハワードのダンス

初の女性大統領になるかもしれない、民主党ヒラリー・クリントン

日本では著作権侵害の温床のように捉えられてるyoutubeだが、このような企業チャンネル・政治チャンネルからは、アメリカでのyoutubeの社会的な受け止められ方、ひいてはweb全体の受け止められ方の日米の違い伺える。日本では現行の公職選挙法に抵触するとゆう解釈のため、ネットを使った選挙活動、選挙告示以降のサイトやブログの更新すら出来ない。

アメリカのネット動向に詳しい梅田 望夫が言う、日本のネットのじめじめ感は、こうゆう法律とかの対応の遅さにも起因があると思う。そうゆうじめじめ感を打破するとゆう意味では、いろんな企業が宣伝活動を行っているmixiには期待している。最近オウム真理教から脱退して新団体を立ち上げた上祐史浩が、mixiに参加したのは何か大きな変化の兆しなのかもしれない。政治家がmixiアカウトを取得する日は近いかも。

参照・参考

メディア・パブ: 英BBCもYouTubeのパートナーに

上祐氏の参入による mixi の地殻変動の可能性

日本のネット空間のじめじめ感
Earth::japan::usukey - love, move, enjoy, imagine for innovation - 2007/3/17 梅田望夫 Lingrイベントまとめ