last.fmの新サービスWidgetsの導入方法と使用例

last.fmの新サービスWidgetsの導入方法と使用例

音楽SNSサイト last.fmの新しいサービス、Widgetsと呼ばれる小型のFlashプレイヤーをblogに貼り付けれるサービスを知ったので、早速貼り付けてみた。

ちなみにlast.fmは、web2.0ライクな音楽サイトの大御所で、ほんとに様々な機能があっていまいち全部を把握できてない。個人的にはiTunesなんかにlast.fmのプラグインを入れることによって、自分の聞いた曲の情報を集積して履歴を見れるサービスが気に入ってる。

Widgetsの導入の仕方と使用例

last.fm(英語版)の画面上部メニューから「Widgets」を選ぶと、さらに以下の四つの選択肢からWidgetsを選べる。

  • RADIO PLAYER
  • PLAYLIST PLAYER
  • QULITS
  • CHARTS

last.fm widgets

自分がblogに導入したいWidgetsを選んで、さらにまた、色とか大きさとか選んで、「show me the code」ボタンを押すと、コードが表示されるので、それをコピーしてblogやwebサイトに貼り付けるだけ。
ちなみに、「Automatically add this to my myspase」ボタンを押すとMyspaseに自動的にはりつけれるみたい。めんどうなんで、試してないけど。

あと、僕の場合はコードをそのまま貼り付けるとうまく表示されなかったので (たぶん外部リンクに自動的にfaviconが表示されるスクリプトの関係) 、コードのcssの部分(

で囲まれてる部分)を削除すると、なんとか見れる形になった。

Radio Player

Last.fmには自分で聞いた曲なんかをラジオのように流せる My Radio って機能があって、Radio Player はそのラジオ用のプレイヤー。マイラジオは有料機能で、使ってないから詳しくはわかりません。

Playlist Player

playlist playerは自分で選んだ曲を再生できる。適当にお気に入りの曲を選んでみたよ。
再生ボタンをクリックすると、ランダムにまるまる1曲が連続で再生される。下の方のリストから、曲を選択すると30秒だけその曲が聞ける。amon tobinとかおすすめ。

last.fmのサイトで曲を選んで、曲の右横に出てくる四角いボタンをクリックすると My Playlist に曲が追加される。playlist playerはこの My Playlist に追加した曲が再生できる。ただ、別々のアーティストで15曲以上選ばないといけないのと、日本の曲は再生出来ない曲が多い。あと、ページをひらくと自動的に再生される設定にも出来る。

QUILTS

QUILTSは、アルバムジャケットかアーティストの写真を並べて表示できる。自分が今まで聞いてlast.fmに集積しておいた情報から、よく聞くアルバムやアーティストを表示してくれるみたい。
僕はアルバムを表示してみたよ。これはちょっとかっこいい。

Charts

CHARTSは

  • 「最近聞いた曲」
  • 「今までよく聞いたアーティスト」
  • 「今までよく聞いた曲」
  • 「今週よく聞いたアーティスト」
  • 「今週よく聞いた曲」

の5つのうちから選んで、試聴可能なリストを表示できる。
僕は「最近聞いた曲」にしてみた。

参考・参照

TechCrunch Japanese アーカイブ » Last.fm、カスタム化できてどこでも音楽が聞けるウィジェットをローンチ