Ubuntu での Firefox 拡張機能の不具合

Ubuntu での Firefox 拡張機能の不具合

Firefoxのプロファイルを Windows XP から Ubuntu に移動すると、拡張機能に不具合が生じた。

ちなみにプロファイルってのは、Firefoxの設定ファイルの事で、これを移動するだけで、OSを変えてもFirefoxの設定がそのままで使える。

Windows XP から Ubuntuへのプロファイルの移動のしかたは、過去記事を参照してください。
過去記事: Windows XP から Ubuntu へ Firefox を移動

Ubuntu での Firefox 拡張機能の不具合

で、WindowsからUbuntuにプロファイルを移動すると、拡張機能に不具合が生じた。具体的には、Google Toolbarと、Gmail Notifilerでログイン出来なくなった。

UbuntuとFirefoxのバージョンはそれぞれ、Ubuntu ja 7.04 と Firefox 日本語版 2.0.0.4

Google Toolbar と Gmail Notifier は以下のバージョンを使っている。
Google Toolbar 3.0.20070525L
Gmail Notifier 0.5.6.5

Google ToolbarはWindows用と(バージョン名の一番最後の文字がWなら、Windows)、Linux用があって(たぶんMac用もあるのかな?)、Windows用からLinux用に変更しても、不具合が続いた。

で、一旦拡張をすべて削除して、ひとつずつ有効にしていた拡張をインストールし直した結果、競合を起こしているのは、どうも以下の三つの拡張機能のようだ。

ColorZilla 1.0
del.icio.us 1.2
Html Validator 0.8.3.9 (Html VaildatorはWindows専用みたい。)

これらの三つの拡張を削除すれば、Google Toolbar と Gmail Notifier は正常に戻った。ちなみに、今、有効化してる拡張は、以下のとおりで、これらは、今のところ、競合を起こしていない。

もし、UbuntuでGoogle Toolbar と Gmail Notifierが不具合を起こした場合は参考にしてみてください。

有効にしてる拡張機能

参照・参考

photo by howchou