Blogの更新頻度と記事の質について

Blogの更新頻度と記事の質について

Blogの更新頻度ともっと上げていこうと思います。毎日このBlogをチェックしてくれている方がいるかどうか知りませんが、ご期待に添えるよう頑張りますのでよろしく。

代償に記事の質に対しては、これからは少し態度を軟化させようかと思います。もうちょっと、フィーリングとある種のワイドショー感覚を大切にしてみます。

最近ではある程度の骨格が見えてこないと記事を書かなかったし、記事を公開するのに一定の自己検閲を掛けてたつもりですが、それが結果、飛躍的に記事の質が上がってるとも思えませんし、多少は記事の質が上がったとしても、Blog全体の質が上がっているのかどうかはわかりません。

更新頻度と記事の質は、個人に資質に依る所が多いにしても、トレードオフの関係では無いんでしょう。更新頻度は容易に定量化できますが、記事の質ってのを定量化するのは不可能に近いです。

寡作と多作。

そして、メディアのスキーム。本、漫画、映画はそれぞれがある制約と長所を伴って、流通し表現されいます。

僕にはどのような方法が適しているのか。それよりもBlogには何が適しているのか。

とりあえず、試しに2ヶ月は毎日更新します。

photo by Leo Reynolds