ジュビロ磐田 菊地 直哉 の淫行事件とその後

ジュビロ磐田 菊地 直哉 の淫行事件とその後

Jリーグ ジュビロ磐田の菊地 直哉が6月13日に女子高生への淫行容疑で逮捕された事件がありました。

静岡県浜松市内で、学校を早退し自転車で帰宅途中だった15歳の女子高校生を自分の車に連れ込み、路上に止めた車内でみだらな行為をしたとしての逮捕。

菊地は現金1万円を無理やり手渡し、被害少女の自転車のかごに運転免許証入りの財布を置き忘れたまま帰ったため、少女が警察に現金と運転免許証を持ち込み、容疑が発覚したとされています。

被害者との示談が成立し、起訴猶予となっていた菊地直哉は、6月29日づけでジュビロ磐田から解雇され、その会見でジュビロ磐田の右近社長は、菊地を職員として雇用する可能性も検討していると発表しました。

この発表にジュビロの対応が甘すぎるんじゃないかとの批判がありましたが、この時点では永久追放の可能性もあったための対応だと思われます。

7月5日には日本サッカー協会が菊地に対して1年間の登録停止処分を下し、それを受け7月7日にはジュビロは「今後はジュビロと本人に雇用関係はない」と発表。職員として雇用する案は無くなりました。

また日本サッカー協会は、磐田に制裁金500万円を課し、ジュビロは菊地に推定150万円の制裁金を課しています。

菊地 直哉は各年代の日本代表を経験している選手で、クラブや代表では主に守備的MFやDFを任されてました。技巧に優れ、判断の早いクレバーな選手だと記憶しています。それがどうしてとゆう思いです。

財布を忘れるとゆう過失は精神分析でみれば作為的な行為なのでしょうか。しかし、この事件は誰の得にもなりませんね。

海外のクラブならば、日本サッカー協会の下した1年間の登録停止処分とは無関係とゆう事で、もしかしたら海外移籍が実現するかもしれません。そうなれば唯一、海外クラブは移籍金なしで菊地選手を獲得出来るので、得をしたとゆう事になるのかもしれません。

参照・参考

ジュビロ磐田 菊地直哉の解雇処分を発表 国際ニュース : AFPBB News

スポニチ Sponichi Annex ニュース サッカー

[N] 元ジュビロ磐田・菊地、1年間の登録停止

photo by negativa