共有動画で音楽著作権侵害に問われるのは、ユーザーじゃなくてそのサイトだけじゃないの?

共有動画で音楽著作権侵害に問われるのは、ユーザーじゃなくてそのサイトだけじゃないの?

Yahoo JAPAN は4月から始めた動画共有サイト「 Yahoo!ビデオキャスト」で、ユーザー投稿動画の中で使われている楽曲の使用料を JASRAC(社団法人日本音楽著作権協会)に支払う事で合意しました。

参照ニュース
Yahoo!JAPAN、動画共有サイトの著作権料をJASRACに支払うことで合意 - GIGAZINE
ヤフー、動画共有サイトの楽曲使用料をJASRACに支払いへ:ニュース - CNET Japan

誰が著作権を侵害してるのか

朝日の記事では、この合意によって「バンド仲間で歌手の楽曲を演奏している動画が合法的に投稿できるようになる。」と書かれてますが、これは正しいのか?

これにより利用者は、バンド仲間で歌手の楽曲を演奏している動画や、学校の音楽会での合唱シーンなどの投稿が合法的にできるようになる。

asahi.com:投稿動画の音楽 著作権使用料「払います」 ヤフー - ビジネス

投稿が合法的に出来るようになるのじゃなくて、Yahooがその投稿動画を公開する事が合法的になるんじゃないのかな?

公衆(不特定多数)への送信の行為主体をサーバーとするストレージサービス裁判があったので、その判例に従えば、著作権侵害(公衆送信権侵害)してるのはサーバーを所有してる営利団体(この場合だとYahoo)ってことでしょう。素人判断なので確かだとは言えませんが、間違ってないと思います。

インターネット動画は公衆送信だと思うけど、もしかしたら放送なのか?それなら変わってくるけど。 著作権法第二条八 では、無線通信で無ければ公衆送信だとしているが。
出来れば専門の方にご指導いただきたい。

ですので以下の文章も誤りと思われます。

違法投稿とされるおそれが無くなることで、ユーザーが安心して動画を投稿できるようになることは良いかもしれませんね。

Yahoo!JAPAN、動画共有サイトの著作権料をJASRACに支払うことで合意 - GIGAZINE - 判例 (PDF): 東京地判平成19年5月25日 - 参照ニュース: 音楽データのストレージサービスは著作権侵害、利用主体はユーザーではなく提供会社に:ニュース - CNET Japan - 参照記事: ナガブロ: ストレージの利用がなぜ著作権侵害なのか

著作物使用料

YahooとJASRACの間ではまだ、音楽使用料金体系については詰めの段階まで達していないようです。JASRSACの規定では、動画をストリーム配信する場合、広告料などの収入がある場合はその収入の0.8%〜2.8%、収入がない場合は年額5万円を支払うよう求めています。

音楽使用料は、JSRACや著作権団体が一意に決める料金なので、その料金体系については色々と物議が起こったります。例えば先月のアメリカでは、ネットラジオにおける音楽使用料の値上げが決まったため、主要なネットラジオサイトでは音楽配信を停止するストライキが起こりました。

参照: Open Tech Press | ネット・ラジオ:全米で放送停止 音楽使用料値上げに抗議

また、このストライキに音楽SNSの最大手である Last.fmが参加しなくて、批判されたりしています。

参照: TechCrunch Japanese アーカイブ » Last.fm、National Day Of Silenceに参加せず
参照: TechCrunch Japanese アーカイブ » Yahooその他全員よくやった― Last.fm以外は

最近知ったんだけど、日本では著作権等管理事業法が2001年から施行され、JASRAC以外の著作権団体、 e-Licenseなんかが出来て、著作者にも選択の多様性が出来てます。

JASRACが法外な使用料を請求した場合、JASRACが権利を所有する音楽を使用する業者・団体が少なくなって、それでは収入源が少なくなって困る著作者(作曲者等)が、他の著作権団体に権利を委託出来るって事ですね。理想的にはね。

参照・参考

YahooとJASRAC、音楽使用料合意のニュース

ストレージサービス裁判

アメリカ、ネットラジオストライキ

photo by openDemocracy