Ubuntu 10.10 でインストールしたソフト、設定一覧

10年10月10日10時10分10秒にリリースされた Ubuntu 10.10 の、デスクトップ 64bit 版 をインストールした。インストールしたソフト、行った設定の一覧を書く。

バックアップから home の設定ファイルを移動

/home/username/ 以下に、10.04 で使用していた設定ファイル等を移動

android-sdk-linux_86/
google_appengine/
.android/
.emacs.d/
.fonts/
.kde/share/apps/amarok
.mozc/
.mozila/
.openoffice.org/
.snes9x/
.ssh/
.VirtualBox/
.emacs
.gitconfig
.profile
.synergy.conf
.zshrc
.zsh_hitstory

IBus Mozc

sudo apt-get install ibus-mozc

System -> Administration -> Language Support -> Keyboard input method system で ibus を選択。

Mac OS X ライクに Alt + Space で日本語に切り替えれるようにする

システム -> 設定 -> キーボードショートカット -> ウィンドウの管理 -> ウィンドウメニューをアクティブにする
でAlt + Space を使っているので、無効に。
ログアウトログインして設定を反映させる。

System -> Preferences -> Keyboard Input Methods -> Enable or disable で Alt + Space に。

Japanese Teamのリポジトリを追加

wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/maverick.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
sudo apt-get update 

参照: Ubuntuの日本語環境 | Ubuntu Japanese Team

日本語化するには、ubuntu-desktop-ja をインストールすればよいが、今回は行わない。念のためリポジトリだけいれとく。

デスクトップにゴミ箱、コンピュータ、ホームを表示する

「ゴミ箱」を表示する

gconftool-2 --type bool --set /apps/nautilus/desktop/trash_icon_visible true

「コンピュータ」を表示する

gconftool-2 --type bool --set /apps/nautilus/desktop/computer_icon_visible true

「ユーザーのホーム」を表示する

gconftool-2 --type bool --set /apps/nautilus/desktop/home_icon_visible true

参照: デスクトップにゴミ箱等を表示させるには – Ubuntu Japanese Wiki

PDF 日本語表示

sudo apt-get install poppler-data 

Ubuntu 9.04 – Document Viewer で日本語表示 – それなりに適当にやってます

Compiz Fuzion で3Dデスクトッップ

グラフィックドライバのインストール

まずグラフィックドライバのインストールから。使用しているグラボはGeForce 7600 GSなので、NVIDIAのドライバをいれる。
[System] -> [Administration] -> [Additional Drivers]

以下の3つの候補が。[Recommended] のものを有効化して、再起動。

  • NVIDIA accelerated graphics driver (version173)
  • NVIDIA accelerated graphics driver (version current ) [Recommended]
Compiz Config Settings Manager と Fusion Icon と Emerald をインストール

Compiz の設定を行う Compiz Config Settings Manager、通知スペース(システムトレイ)に常駐し Compiz Fusion の設定変更が出来る Fusion Icon、ウインドウのテーマの変更・編集が出来るEmeraldもインストール。

sudo apt-get install compizconfig-settings-manager fusion-icon emerald

[Applications] -> [System Tools] -> [Compiz Fusion Icon] で起動
Reload Window Manager

[システム] -> [設定] -> [自動起動するアプリ] で [追加] 。[名前] fusion-icon [コマンド] fusion-icon

Compiz Config Settings Manager

[Desktop] -> [Desktop Cube] にチェック、 [Rotate Cube] にチェック

[Desktop] -> ビューポイント・スイッチャー -> デスクトッップ上でのビューポート切り替え
[次へ移動] Button4
[前へ移動] Button5

[Desktop] -> [Rotate Cube] -> [Bindings] -> [Rotate cube]
[Rotate Right] -> Super Right
[Rotate Left] -> Super Left

[General Options] -> [Key bindings] -> [Show Desktop] -> F11

デュアルディスプレイ

システム -> システム管理 -> NVIDIA X Server Setting
で TwinView の設定を行った後、[Save to X Configuration File] クリックで設定を保存。

コーデックなどなど

ubuntu-restricted-extras

とりあえず、これをインストールすれば、大概の音楽と動画は再生できる。

sudo apt-get install ubuntu-restricted-extras
Medibuntu

リポジトリ追加

sudo wget --output-document=/etc/apt/sources.list.d/medibuntu.list http://www.medibuntu.org/sources.list.d/$(lsb_release -cs).list && sudo apt-get --quiet update && sudo apt-get --yes --quiet --allow-unauthenticated install medibuntu-keyring && sudo apt-get --quiet update

64bit 用のコーデック

sudo apt-get install w64codecs

参照: Medibuntu – Community Ubuntu Documentation

各種ソフト

Amarok

iTunes よりも使いやすいデータベース管理型の音楽再生ソフト。

sudo apt-get install amarok
mp3が再生できない

mp3が再生できない。以下をインストールで音が出るようになる。

sudo apt-get install libxine1-ffmpeg

参考: Ubuntu 9.10(Karmic Koala)でAmarokの音を出す | BoozerBlog

Sound Converter

音楽ファイルの変換ソフト。Ogg Vorbis, FLAC, WAV, MP3

sudo apt-get install soundconverter

MusicBrainz Picard

MusicBrainz を使用した、音楽タグ管理ソフト。
音楽ファイルを読み取って自動的にダグづけしてくれる。結構精度が高い。

sudo apt-get install picard

K3b

CD、DVDのリッピングと書き込みができるソフト。

sudo apt-get install k3b

k3b用のコーデック

sudo apt-get install libk3b6-extracodecs

VLC media player

お決まりの動画再生ソフト。


sudo apt-get install vlc

MPlayer Movie Player

お決まりの動画再生ソフト。

sudo apt-get install gnome-mplayer

Gimp

お決まりの画像編集ソフト。

sudo apt-get install gimp

Deskbar Applet

Deskbar Applet は、デスクトップ検索とアプリケーションランチャーを兼ね備えたソフト。OSXでいうところの Spotlight 。 これが無いと不便でしょうがない。

sudo apt-get install deskbar-applet

インストール後、[パネルへ追加] -> [デスクバー] でパネルへ追加します。

右クリック [Preferences] -> [General] -> [Keyboard shortcut to focus] を Control Shift Space に変更。

sensors-applet

sudo apt-get install sensors-applet

Virtualbox

Sun の仮想化ソフト

sudo apt-get install virtualbox-ose

Emacs

エディタ

sudo apt-get install emacs

emacs 23

ibus-el
sudo add-apt-repository ppa:irie/elisp
sudo apt-get update
sudo apt-get install ibus-el

irie @ ウィキ – ibus.el

NetBeans

IDE

sudo apt-get install netbeans

NetBeans 6.9
プラグイン ruby on rails と php をインストール。

Synergy

OSの異なる複数のPCを、一組のマウスとキーボードで扱えるようにするソフト

sudo apt-get install synergy

サーバとして自動起動するように設定
[システム] -> [設定] -> [自動起動するアプリ] で [追加] 。[名前] synergys [コマンド] synergys
参照過去記事: UbuntuでSynergyを自動起動する

git

バージョン管理

sudo apt-get install git-core git-svn
gitk、gitk でアンチエイリアス
sudo apt-get install gitk tk8.5

/usr/bin/gitkを修正

sudo gedit /usr/bin/gitk

三行目の wish を wish8.5 に変更

exec wish8.5 "$0" -- "$@"

zsh

sudo apt-get install zsh

Tilda

sudo apt-get install tilda

自動起動するように設定
[システム] -> [設定] -> [自動起動するアプリ] で [追加] 。[名前] [コマンド] tilda

サーバ関連

Apache

インストール

sudo apt-get install apache2
ヴァーチャルホストの設定

/etc/apache2sites-available以下に、設定ファイルhoge.comを作成。

/etc/apache2/sites-available/hoge.com

<VirtualHost *:80>
    ServerName hoge.com
    DocumentRoot /your/root
    <Directory /your/root/>
        Options Indexes FollowSymLinks MultiViews
        AllowOverride All
        Order allow,deny
        allow from all
    </Directory>
    ErrorLog /var/log/apache2/error.log
    # Possible values include: debug, info, notice, warn, error, crit,
    # alert, emerg.
    LogLevel warn
    CustomLog /var/log/apache2/access.log combined
</VirtualHost>

作成した設定ファイルを有効化する。 (/etc/apache2/sites-enabled 以下に /etc/apache2/sites-available/hoge.com へのシンボリックリンクがはられる)

sudo a2ensite hoge.com

apache再起動

sudo service apache2 restart

ちなみに、無効化するコマンドはこれ

sudo a2dissite hoge.com
mod rewrite

mod rewrite 有効化


sudo a2enmod rewrite 

MySQL

sudo apt-get install mysql-server

rootのパスワードをいれる。
mysql 5.1

UTF-8

/etc/mysql/my.cnf の [mysqld] に追加


default-character-set=utf8
skip-character-set-client-handshake

再起動

sudo service mysql restart

確認

mysql -u root -p
mysql> show variables like "char%";

+--------------------------+----------------------------+
| Variable_name            | Value                      |
+--------------------------+----------------------------+
| character_set_client     | utf8                       |
| character_set_connection | utf8                       |
| character_set_database   | utf8                       |
| character_set_filesystem | binary                     |
| character_set_results    | utf8                       |
| character_set_server     | utf8                       |
| character_set_system     | utf8                       |
| character_sets_dir       | /usr/share/mysql/charsets/ |
+--------------------------+----------------------------+

PHP

インストール

sudo apt-get install php5
upload_max_filesize, post_max_size の変更

/etc/php5/apache2/php.ini で以下の部分を memory_limit に合わせて 128M に編集

; Maximum allowed size for uploaded files.
upload_max_filesize = 128M
; Maximum size of POST data that PHP will accept.
post_max_size = 128M

エラー表示

display_errors = On
html_errors = On
phpmyadminをインストール
sudo apt-get install phpmyadmin

サーバの設定でapache2を選ぶ。dbconfig-commonでいいえを選ぶ。
http://localhost/phpmyadmin/ で確認。さっき設定したmysqlのrootでログイン確認。

php pear
sudo apt-get install php-pear
sudo pear channel-update pear.php.net
sudo pear install MDB2 MDB2 MDB2_Driver_mysql Auth calendar-beta HTTP_Client
xdebug
sudo apt-get install php5-xdebug

/etc/php5/apache2/conf.d/xdebug.ini に追加

xdebug.remote_enable=on
xdebug.remote_handler=dbgp
xdebug.remote_mode=req
xdebug.remote_host=localhost
xdebug.remote_port=9000

xdebug.show_local_vars = 1
xdebug.dump_globals = 1
xdebug.dump.SERVER = *
xdebug.show_exception_trace = 1

Xdebug によるスタックトレースの機能拡張 – Web/DB プログラミング徹底解説

Ruby on Rails

make とか用
sudo apt-get install build-essential 

zlib など

sudo apt-get install zlib1g-dev libssl-dev libreadline5-dev libxml2-dev libsqlite3-dev

zlibが無いと、gem install で以下のエラーがでる。

ERROR:  Loading command: install (LoadError)
    no such file to load -- zlib

もし、rvm で ruby インストール 済みで上記エラーがでたら、rvm remove ruby-x.x.x して、 zlib インストールして、再度、rvm install ruby-x.x.x

RVM Ruby 1.9.1 troubles – Stack Overflow

Ruby 1.9.2

rvm で ruby 1.9.2


sudo apt-get install curl bison autoconf
curl http://rvm.beginrescueend.com/releases/rvm-install-head >> installer.sh
chmod 777 installer.sh
 ./installer.sh

.bashrc (.zshrc)

if [[ -s $HOME/.rvm/scripts/rvm ]]; then
    source $HOME/.rvm/scripts/rvm;
fi
source .bashrc
rvm install 1.9.2-head
rvm use 1.9.2-head --default

バージョン確認


ruby -v

ruby 1.9.2p29 (2010-10-23 revision 29575) [x86_64-linux]

いまさらRVMとか | BuGcloUd.com

Gem

gem 確認

gem environment

gem1.3.7

GEM HOME 確認

 echo $GEM_HOME 

/home/rui/.rvm/gems/ruby-1.9.2-head

Rails
gem install rails

mysql 使うなら

sudo apt-get install libmysql-ruby
sudo apt-get install mysql-client libmysqlclient15-dev
gem install mysql2
passenger
gem install passenger
sudo apt-get install libcurl4-openssl-dev  
sudo apt-get install apache2-prefork-dev 
passenger-install-apache2-module

3を選ぶ

表示に従って /etc/apache/apache.confを編集 (rvm 1.8.7使用時 )

   LoadModule passenger_module /home/user/.rvm/gems/ruby-1.8.7-head/gems/passenger-3.0.1/ext/apache2/mod_passenger.so
   PassengerRoot /home/user/.rvm/gems/ruby-1.8.7-head/gems/passenger-3.0.1
   PassengerRuby /home/user/.rvm/wrappers/ruby-1.8.7-head/ruby

SSHサーバ

sudo apt-get install openssh-server

/etc/ssh/sshd_config を編集
ポートを変更、 rootログインを許可しない、パスワード認証しない。

Port 22222
PermitRootLogin no
PasswordAuthentication no

再起動

sudo service ssh restart

iTunesサーバ Firefly

遠隔からiTunesで自宅の音楽が聞けるサーバ 、Firefly (mt-daapd) をインストール

sudo apt-get install mt-daapd

http://localhost:3689/ にアクセス。
user:admin
pass:mt-daapd

ftp

sudo apt-get install proftpd 

standaloneを選択

/etc/proftpd/proftpd.conf を編集。
IPv6 を使わない。 各ユーザのhomeをルートにする。tls を使う。

UseIPv6                off
DefaultRoot            ~
Include /etc/proftpd/tls.conf

/etc/proftpd/tls.conf を編集

TLSEngine                               on
TLSLog                                  /var/log/proftpd/tls.log
TLSProtocol                             SSLv23
TLSRSACertificateFile                   /etc/ssl/certs/proftpd.crt
TLSRSACertificateKeyFile                /etc/ssl/private/proftpd.key
TLSRequired                             on
sudo openssl req -x509 -newkey rsa:1024 -keyout /etc/ssl/private/proftpd.key -out /etc/ssl/certs/proftpd.crt -nodes -days 365
Country Name (2 letter code) [AU]:JP
State or Province Name (full name) [Some-State]:
Locality Name (eg, city) []:
Organization Name (eg, company) [Internet Widgits Pty Ltd]:
Organizational Unit Name (eg, section) []:
Common Name (eg, YOUR name) []:
Email Address []:
sudo chmod 0600 /etc/ssl/private/proftpd.key
FTP と ユーザ

/etc/ftpuser に FTPを禁止するユーザを登録する。

FTP専用のユーザを作るには、

/etc/shells に追加。

/usr/sbin/nologin

ユーザを追加

sudo adduser hoge --home /var/www/hoge --shell /usr/sbin/nologin

再起動

sudo service proftpd restart 

参照
ブログ »おやじめがね» ブログアーカイブ » ProFTPDでFTPS(SSL/TLS) – おやじめがね
Ubuntu日本語フォーラム / [TotW: 6/8/2009]FTPサーバーでデータ共有

まさおのブログ (表): Ubuntu でユーザを追加する (adduser を使うべき)
サイキョウライン » グループにユーザを追加する。

参考・参照

photo By Xand3rd


13 thoughts on “Ubuntu 10.10 でインストールしたソフト、設定一覧

  1. Pingback: DS ソフト 一覧 WIKI##keyword##流行ってますね | DS・ソフト情報ブログ

  2. Pingback: DS ソフト 一覧 Wiki##keyword##が気になったので調べてみました | DS・ソフト情報ブログ

  3. Pingback: DS ソフト 一覧 Wiki##keyword##について | DS・ソフト情報ブログ

  4. Thanks for another informative blog. The place else could I am getting that kind
    of info written in such a perfect means? I’ve a mission that
    I’m just now operating on, and I have been on the look out for such information.

  5. Why viewers still use to read news papers when in this technological world the whole
    thing is accessible on web?

  6. Excellent pieces. Keep posting such kind of information on your page.

    Im really impressed by your blog.
    Hi there, You have performed a great job. I’ll certainly
    digg it and individually suggest to my friends.

    I’m sure they’ll be benefited from this site.

  7. Good way of explaining, and fastidious post to obtain data regarding my presentation subject matter,
    which i am going to present in academy.

  8. I am not sure where you’re getting your info, but good topic.
    I needs to spend some time learning much more or understanding more.
    Thanks for magnificent info I was looking for this information for my mission.

  9. What’s up colleagues, its enormous paragraph regarding tutoringand completely
    defined, keep it up all the time.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>